2009.09.26 意外
今日は、お勉強の日だった。
前回に引き続き第2回目のカラーの講座である。

「黄色とオレンジ」

テーブルには、お花が飾られ、
食す方といえば、
こんなすばらしいものが。
n-zentai

意外や、ローズマリーと合うのである。
意外や、このお花は食べられるのである。

先生は、この講座に合わせてか、
黄色い上着をおめしになっていた。
なぜかうしろボタンだったそこに目がいってしまった。

同じテーブルの人と、
あれは、どうやって着たかという話題になった。
誰かにボタンを留めてもらったんだろうと、
あいまいな結論に達したが、
その時、私の妄想列車は発車されてしまった。

意外や、先生はものすごく体の柔らかい人で・・・
背中のボタンなんかなんのその、
学生時代には、「リンボーダンス大会」に出場し、
優勝台に登り晴れやかな笑顔を見せる、
そんな姿に惚れたのが、今のご主人であった・・・

いかん、いかん、大事なお勉強なのに、
こんな結論に達しては。

いや、これも意外や、意外、
黄色の「楽しさを見い出したい」パワーのせいかもしれない。