上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.05.28 薔薇
もう少しで、5月も終わる。
早いものである。

この時期になると、
我が家の庭が薔薇園だった頃を思い出す。

n-baraen 

セバスチャンのいた頃は良かった。
朝晩アブラ虫とバラゾウ虫を手でつぶし、
剪定には、労を惜しまず、汗水を流した。

いつしか、私の中のセバスチャンは
手を痛め、
腰を痛め、
この薔薇たちとおさらばする事になってしまった。


n-f-bara-panzii 
ちょっと、センチメンタルジャーニになる季節なのだった。



トール作品参照
古屋 加江子先生
Best Selection 127 日本ヴォーグ社より
スポンサーサイト
こういうの、たまんない

n-minityua 

ミニチュアのキッチンツールである。

このナベの中に入って、煮込まれたい。
2011.05.26 添え
安曇野にある「おひさまキッチン」に行った。
私は、受講生である。

すごく久しぶりだったが、
先生に暖かく迎えていただきうれしかった。

さて、今日のメニューは、

白身魚のポワレ甘夏ソース 春野菜添え
アスパラのスープ
春色サラダ
はちみつレモンのシフォンケーキ


なんて、おされなんでしょう。
n-o-siromisakana 

私は、アスパラのスープ区役所マーク添えの担当だった。

n-o-asupara 

いきなり、アスパラの切り方を間違えたが、
先生の救いの船に乗り、なんなく乗り越えた。

基本のスープの作り方も教えていただき、
先生がストックされたスープコレクションも見せていただいた。
冷凍庫で、お行儀よく並んでいる。
こういう事がきちんとできると、
やっぱりお料理上手になるんだなと思った。


メンバーさんたちは、とてもいろいろな事をご存知で、
私の頭の中にも、おいすいお店の情報が添えられた。

ストックされた情報を忘れないよう、
お休みの日には、スポンサーを連れて出かけようと思った。
2011.05.25 夫婦きのこ
先日アップのシイタケが、巨大になっている。

n-sitake2 
やはり、毒なのか。


お教室の生徒さんにも、好評?なので、
これから、しっかり観察することにした。

2つあるので、夫婦にしたい。

やっぱり、名前がないとかわいそうなので、
「大助」「花子」にした。

ちなみに、小さい方が大助で、
大きい方が花子デス。
2011.05.24 イケメンズ
フォトレッスン第4回目の日だった。
私は、受講生である。

今日は、フォトショップ エレメンツを使った
ポストカード作りである。


n-c-orenzi 
こりは大変!とさっそく家に帰って復習した。
  1日経つと忘れてしまうかもしれない。

とりあえず、私の世界では、フォトショップ イケメンズである。
ショップの若きメンズなのだ。

毎日お付き合いして、しっかり自分のものにしなければならない。

向井君とショップのメンズ君
私のカメラ生活も益々若返りの素となっている。


2011.05.22 雰囲気
ポーセラーツのお教室の日だった。
私は、先生である。


お花が庭(実家の)に咲く季節はうれすい。
いろいろ盗んできては、飾っている。


白い小さなお花
ほわっと、雪の雰囲気がする。

n-sirohana 




ハマナス
こりは、とても良い香りがして、ハワイの雰囲気。

n-hamanasu 


これは、本日の生徒さん J N 様の作品

n-p-jn 
いろいろな転写紙の一部分を使われ、とてもステキ。
こういう作品を生み出すセンスはすばらすい。

さて、これはまだまだ未完成。

絵柄部分にマスキングをして、
黒い絵の具をスポンジングしていく。

そう、夜の雰囲気に変えていくのである。

この道のりは非常に険しく、
時に息を止めたり、手がフリーズしてしまったりする。

私も、ちょっとお医者さんの雰囲気で見守らなければ。






2011.05.20 しいたけ
こ、こりは、いったい何ですか?

n-kinoko 

我が家の玄関の枕木に、突如として現れた物体!

どうも、しいたけに似ている。

しかし、しいたけは、確か椎茸の素みたいなものを木に植え込まなくてはいけない。
そんな事した覚えはとんとないのである。

誰かが植えてくれたのだろうか。

伊達直人だろうか。

ランドセルは、いる家といらない家があるが、
しいたけなら、まあ、ジャンルを問わない。

さっそく、近所にもこんな家があるか、
見て回る事にする。




2011.05.19 環境
スイーツのお教室の日だった。
私は、受講生である。


こりは、ティータイムでいただいた「栗のタルト」


n-taruto-kuri 

今回は、いつもとちょっと違って、
盛り付け方も教えていただいた。

このチョコの線は、私が挑戦した。

時速250キロで、すばやく、手を動かす。

温泉卵風の乗せ方も教えて頂いた。

そして、驚くほど甘く美味しいコーヒーも(ノンシュガー)ご馳走になった。

今、地球を取り巻く環境は悪化する一方だが、
タルトを取り巻く環境は、すばらすい。

おいしいものを、美しくいただく。
また、新しい挑戦が始まっている。

2011.05.18 花の名前
お教室のある時は、なるべくお花を飾るようにしている。


すずらん

この小さな花がいっぱい付いているところがいい。
n-suzuran

ライラック

この小さな花がいっぱい付いているところがいい。

n-murasaki 

椿

この大きな花がコロンとあるところがいい。

n-tubaki 

アヤメ

「オッス!」と言っているところがいい。

n-ayame 


とにかく、花の名前が言えるところがいい。

2011.05.16 ユーカリ
ユーカリを買った。

n-yukari 

観葉植物は、育てるのがとても苦手で、
よく枯らしてしまう。

枯らす前に、コアラに食べてもらった方が、
ユーカリにとっては、本望かもしれない。

コラァ、そういう投げやりな考えはいかん、
ユーガ、リっぱに育てないと!
 笑点ですか?











2011.05.15 長峰山
久々に、地元の山に出かけ、
おにぎりを食べた。(コンビニの)

やはり、美しい。

この空気がなによりのご馳走である。
n-nagamine1 


ワラビを取っている人もいて、のどかである。


n-nagamine2 



こんな中、事件が発生した。
カレーパンも買ったのに、ないのである。

今時のレシートには、ちゃんと電話番号が出ているので、
さっそく、この山から、携帯で苦情を申し上げた。

「大変もうしわけございませんでした」との返事だったが、
この自然の中、文明の利器を使って、
いとも短時間に、事件が解決したことに、
なんだか、後ろめたさを感じた。


長峰山さん、これでいいんでしょうか。

スーパークールビスの影響か、
職場では、早くも来週から衣替えである。

というわけで、我が家も足元から始めた。

n-psuripa

にょほほ。私用。プリティーなのだ。

生徒さんには、お花畑のイメージで、リバティにした。

n-ohana-suripa 


クーラーのないお教室だが、
プリティーと、私の寒いギャグで暑さをぶっ飛ばす!
2011.05.13 水滴
すっかり恒例となった、出勤前の一人撮影会(2日目)


水滴なのである。
n-suiteki1 
これも、水滴。

n-suiteki2 
すごい、素ぃ敵 
2011.05.12 テンション
昨日から、ずっと雨が降り、なんとなく気分もへこんでいたが、
思いもよらず、今朝は晴れたので、テンションが上がった(単純)

出勤前の貴重な時間、キャメラ向井君と仲良くしてしまった。

n-asa-hi 

ヒメジオンのテンションンが伝わるだろうか。

それにしても、車のへこみには、テンションが下がる。

上がったり、下がったり、ラジバンダリ(死語でしょうか)
2011.05.10 W B
フォトレッスン、第3回目の日だった。
私は、受講生である。

今日は、バランスのお勉強。
「W B」 なのである。

ウエストとバストのバランスであろうか。
ちなみに、私はとてもアンバランスで、
なんとなく、同サイズに近い。

キューピーちゃんか、細い樽ってところだろうか。

そんな事を考えながら、撮ってみた。

n-c-barans1 n-c-barans2

やっぱ、青い温度かなぁ。

被写体にどんなフィルターをかけて、どう表現していくか、、、
難しいところであるが、
楽しいところでもある。


n-c-bananac 

いつもながら、感動するような先生のすばらすいスイーツ。
バナナ○■▽★※¨Ωなんとかケーキ

森にひっそりと湧き出る泉に、浮かんでいるような雰囲気が出ただろうか。

WBにさらに、彩度、色相、コントラストを調整していく。
だんだん、核心にせまっていく気がする。

自分の体形バランスにはならないよう、
美しいものを追求していきたい。







2011.05.03 生命線
まだ、桜が咲いていた。

n-sakura-omi 

お祭りに招かれ、ここぞとばかりに撮りまくってみた。

散々キャメラ向井君と共に、頑張ってみたが、
なかなか「これ!」といったものが撮れなかった。

残念である。

トールペイントと出会って20年を超え、
オリジナル図案を生み出す苦労を感じながら、
キャメラなら、その一瞬のカシャッが、
オリジナルになるのだから、
案外簡単なのでは、と考えていた。


これは、非常に甘かった。
やはり、芸術はそう簡単ではない。

生命線の長いこのお方にも、
叱られた気がする。
n-niou 

説明ではないもの。
感じるもの。
心に響くもの。
心を動かすもの。

そして、美しいもの。


そこに、出会えるまで、頑張ることにする。
私も案外生命線が長いから、
到達するかもしれないな。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。