2011.02.28
n-sazi


コーヒーメジャーを頂いた。
私の好きな「鉄」である。
超ーうれすい 

コーヒーは、いつも豆から挽いて頂く。

好きな時間を、好きなツールで過ごす。

おてつかいサンタは、最近贅沢気分どっぷりである。
いいのだろうか。



いいのだ。











2011.02.26 向井君と私
先日、キャメラ向井君を購入して以来、
すっかりハマってしまい、撮りまくっている。

初向井君は、もちろん「おつかいサンタ」を撮ることからスタート
きゃわいい 

    n-otukaisanta1

そして、いつもお教室に元気をくれるお花たち
    
ラナンキュラス
   n-ranan1


    n-sakura

名前のわからない花たち
    n-akamurasaki

そして、
好きな、なんちゃってアンティークたち

玄関のシェード1
    n-sade1

玄関のシェード2
    n-sade2

リビングのシェード
    n-sade3

トイレのドアノブ
    n-doanobu

そして、最近トール初めての方対象に、
簡単に描けるものを考案。
それが、瓶のフタ!
    n-binfuta2

こちらは、昨日夜なべをして描いたパグ
    n-binfuta1

そして、こちらは、生徒さんのポーセラーツ作品。
セロテープのお家だが、生徒さんのお名前が入り、
オリジナリティーが出ていて良いですね。
    n-serate-pu-hana

シャッターを切るたび、
向井君が「いいね~~~」と褒めてくれるので、
俄然やる気が出る。
 
カメラ女子  おつカメラサンタは、すでに、右手に湿布を貼っている  


トール作品「パグ」参照
Best Selection 127
古屋 加江子先生
日本ヴォーグ社 

2011.02.22 ピンクずきん
久々に、松本市美術館の「カラーの講座」に出かけた。
私は、受講生である。

色を活かす!ライフコーディネイト全7回のシリーズ講座であるが、
今回は、最終回だった。

テーマは「カラーセラピー的お茶会」
にょほほ~~、お教室に入るとすぐに、おいしそうなものが目に飛び込んできた。

   n-kara-1

しかし、開始はこの席からではなく、ワークなるものから始まった。
これが面白い。

もしもシリーズなのである。

もしも、赤ずきんちゃんが、
緑ずきんだったら、
紫ずきん、青ずきん、黄ずきん、ピンクずきん、黒ずきんだったら。
このシナリオをグループに分かれて、カラーセラピー的に考えるのである。

今まで、数回ではあるが、色のもつ力をお勉強したかいあって、
先生の解答説明には、ウンウンとうなずく事ができた。

中でも、ずきんをピンクにすると、オオカミは女の子に恋をしてしまうところが良かった。

ピンクは、女子力アップなのだ。
お茶会のシュツエーションも、お心づかいのおみやげも今回は、ピンク。
    n-kara-2

もうすぐそこに春だからね、
私も、女子力を意識してみたい。

そういえば、この冬あまりの寒さに、
私はリビングでピンクのスキーズボンをはいて過ごした。
ピンクである。

しかし、夫が私を見る目は、何一つ変わらなかった。
「スキーズボン」という素材で、ピンクの力が充分発揮できなかったのかもしれない。

いやいや、一度恋に落ちたものは、2度は落ちないのである。

対象を変える事にして、
ず~~~~っと欲すかったキャメラを購入した。
   n-camera

チョーうれすいのである。

キャメラは、「向井君」と呼ぶ事にした。

向井君と向き合うときは、ピンクを身につける 
もう恋が始まっている。




2011.02.15 チューリップ
3連休は、しっかり、冬眠してしまった。

風邪と腰痛の2本仕立てで、
すっかりふとんの中にいた。

おかげで、やるべき事がなにもできず、
やらずに終わってしまった。

損をした気がする。


しかし、我が家に飾られたこのチューリップには、
随分元気づけられた。
    n-tyuripu


咲いた咲いた
並んだ並んだ

単純な昔からの花だし、曲は楽譜を見なくても、弾ける。
尊敬したことがなかったが、
目に見えぬパワーを感じた。

きれいなもの

これが一番の薬だったかもしれない。

2011.02.05 sage
珍しく、夜飲み会に出かけた。


sageである。さじではない。


バイキングで、飲み放題だった。
アルコールが苦手な私は、こちらに目がいってしまう。

    n-sage1

本物のこれを見たのも初めて 

    n-sage2


でも、お腹がいっぱいで、
イチゴとバナナを1個づつしかすくえなかった。
さじにすると、たったの2杯である。

他に、ステーキ、刺身、グラタン、サラダ、
おされなこれたち、
n-sage3

あとは、名前がわからないおいしいもの。
みんなほぼ、さじにすると、4杯づつくらい食べただろうか。

私の胃の許容量は、さじにすると40杯位だろうか。
sageは、おいしくて、お勧めです。

ポーセラーツのお教室の日だった。
私は、先生である。

今日は、バレンタイン企画の最終日。
    n-valen1
皆さんイニシャルなどを入れて、オリジナリティが出ていて素敵!
英字は小さいので、大変だが、
初めてでも、きれいに出来て良かった。
    n-valen4

そして、お楽しみのスイーツは、私手作りのお皿でお出しした。


   n-valen2
そう見ると、ティーマット、C&S、ポット、お盆もお手製だった。
思わず、自慢したが、これが仕事だからね、自慢して良かった。

さらに、お楽しみのカルトナージュボックスの抽選も、
M様に、厳正に抽選していただき、K様が当選された。
    n-valen3

お知らせしたところ、喜んでいただけて良かった。

この期間中、16個の「君たち」がこのアトリエから誕生し、
巣立っていった。
いい日旅たちである。
君たちは、これからご主人様に、いろいろな物を入れてもらえるだろう。
宝物だろうか、食べ物だろうか、はたまた何じゃこりゃ!というものもあるかもしれない。

しかし、16人兄弟の君たちは、
それぞれに、自分の役割を真っ当し、元気に存在していって欲すい。


落ちても割れるんじゃないぞ!
頑張れ!





2011.02.02 スキーウェア
足に、しもやけができてしまった。
チョー冷え性で、ヒートテックを着て、レッグウォーマーをして、
ホカロンをお腹と腰に貼り、
湯たんぽに足をのせているが、
この始末である。

やっぱ、今年は寒いのだ。

最近、この冷えを解消するいい方法を見つけた。

スキーウェアを着る事である。
これが、意外にいい!
雪のある外で着る服を、
ストーブを焚いている家の中で着るのだから、
意外ではなく同然かもしれない。

しかし、難点は、歩く時ガサガサ音がして、うるさい。
そして、見た目がいまいちである。

まあ、どうせ夫しかいないから、どうでもいいんだけどねぇ~

いやいや、いかんいかん。
この発想が女を捨てる第1歩になるのだ。

そうだ バランスをよくするために、
帽子と、ゴーグルをつけてみよう。
夫はと思ってくれるだろうか。

    n-ski




2011.02.01 復習
トールのお教室の日だった。
私は、先生である。

皆さん、こつこつと作品を作り上げている。

さて、お楽しみのスイーツは、
さっそく、紅茶をワイン風に、チーズや干しブドウと共にお出しした。
今まで、出番のなかったお気に入りのワイングラスも活躍できてよかった。

    n-wain-1

ちょっと、前進した気がした。