上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07.28 イギリス
お花と紅茶のレッスンの日だった。

私は、受講生である。

約1年ぶりである。
前回は、苦手な電車で行ったが、
今回は、更に思いきって、自分で高速を運転していった。
これは、10年ぶり位である。

私は、高速で固まる事がわかった。
水も飲めず、エアコンも入れられず、ラジオも消せず、
出来たのは、窓の開け閉めだけだった。
次のインターだったら、息が止まっていたかもしれない。

必死でたどり着いた先には、
先生の笑顔と素敵なレッスンだった。
n-cr-resson

外国のお話なども聞かせて頂いた。
家とスーパーと医者のトライアングルゾーンを抜け出せない私にとって、
飛行機に乗る事など、考えられない。
皆さんの行動力はうらやましい限りである。

私の中のイギリスは、ここにある。

長野で良かった。


スポンサーサイト
お教室は、夏休みであるが、
私は、せっせと作品づくりである。

スイーツをテーマに、
今日は、トールで「ブルーベリータルト」を描いた。

n-t-bulueberry

ちょっとクラシカルに、かわいすぎないところがいい。
おおっ  私もクラシカルで、かわいすぎない。



トール作品
一部参照
古屋 加江子先生
コレクションブック 日本ヴォーグ社

スイーツをテーマに、
ポーセラーツを作っている。

最近、お教室に来てくださる生徒さんの影響もありなのだ。


パステルスイーツ
n-k-sweet


クラシカルスイーツ
n-pa-ksweet

なかなかいい感じ。
まだまだ、いろいろ作りたい。
どうも、芸術の神様が、右脳を刺激しているらしい。

芸術の猛暑

秋には、干からびていると思う。

2010.07.23 夏休み突入
トールのお教室の日だった。
私は、先生である。


今日のお楽しみのスイーツ

「レモンタルト」
生クリームはアラブの国の建物をイメージした(結果そうなった)
n-lemon


そして、炭酸レモンゼリー
n-zerry

デジカメっているはじから、
ゼリーは、だんだんジェリーにだれてきた。

暑いからねぇ。。。。

今日で、お教室も夏休みに入る。
9月から、また元気に頑張る。
2010.07.21 余白
毎日、暑い。

だらだらして、頭もさえないが、
トイレの空間は、アイデアが浮かんだり、これからの夢を考えるのには最適な場所である。

n-toire1

n-toire2
この余白が心地よい。


今日はOLの日で、ぼ~~っとしながら働いたが、
帰り際に「1個のどら焼きを3人で分けるように」という配給があり元気になった。

私は、上の皮で、
あなたは、あんこで、
あなたは、下の皮ね。
と言ったら、けげんな顔をされ、
同僚によって、120度の扇形に分けられ配られた。

確かに、あんこの人は、手が汚れるという弱点はある。
しかし、これは縦割り行政ではないか。

全国には、どら焼きの好きな人と嫌いな人がいる。
嫌いな人の中には、
どら焼きの皮は好きだけど、あんこは嫌い。
どら焼きのあんこは好きだけど、皮は嫌い。
に、ほぼ分かれる。

このシェアを広げるには、
「皮だけどら焼き」
「あんこだけどら焼き」
を作れば、確実に広がるはずである。

全国の、若手イケメン和菓子職人さんは、
この考えをどう受け止めてくれるだろうか。
2010.07.20 トマト大福
職場の人から、大福をいただいた。

n--tomatoda

中味は、トマトである。

ゲゲゲの鬼太郎の「目玉のおやじ」に似ている。

袋には、トマト大福とそのとおりの名前が貼られているが、
「目玉のおふくろ」というネーミングの方が、絶対売れると思う。
2010.07.18 マリンブルー
濃紺に魅了されている。
インテリアの中に増殖中である。


n-kon3

n-kon1

n-kon2

n-kon4


マリンブルーって、冷たい深層海洋水の中を光を感じながらゆっくり泳いでいる感じ。

お魚になった わ た し

お魚になってしまったので、
夕飯の支度ができなくなってしまった。

夫にお弁当を買ってきてもらった連休中日だった。
2010.07.18 イニシャル
ポーセラーツとトールのお教室の日だった。
私は、先生である。

今日は、ポーセラーツの作品が仕上がった生徒さんがいた。
いつも、丁寧に作られ、今回も、素敵
n-p-kurosu

メモとペン立てである。
刺繍の転写紙を使って、陶器なのに、布感覚が味わえる。

私も、この世界に入る前は、刺繍とパッチワークの世界にいた。
イニシャルは、気軽にいろいろなところに刺繍して、自分を主張したものである。

今のイニシャルは、
「k・k」
n-k-k

いやいや、「S・O」だった。
もひとつSがつけば、SOSだ!
さんた おつかい たすけて、になってしまう。
最後のSは、やっぱSpecialのSじゃないとなぁ。
スペシャリスト目指して、おつかいさんたは今日も行く。

って、今日もバーゲンに行ってしまった。
また、好きなものを買ってしまった。
最後のSは、StopのSにしないと。

いやいや、安いの1個だから、許S。

スイーツのお教室の日だった。
私は、受講生である。

今日は、お一人様れもんかのこ
n-remon-ohitori


クリームを絞るのに苦労したが、なんとか出来た!

お楽しみのお茶の時間は、雑穀ご飯ロール

おあずけ
n-ro-1


おちょぼ口で
n-ro2

でか口で
n-ro3
そして、ロールケーキは、モアイ像となった。

写真を芸術的に撮る  で随分盛り上がった。
画像は、3コマ漫画的に仕上げてみた。
メニュウはうそぴょんです。

今日もたくさん笑って良かった。
2010.07.15 改名
トールのお教室の日だった。
私は、先生である。

いつも、なんとなく、インテリアを変えている。

あじさいが、おいしそうに飾れた。
azisai-oisii


トールもおいしそう。
n-tr-suika


昨日作ったお楽しみのスイーツもおいしかった。

この夏、おつかいさんたは、おいしいさんたに変わる
2010.07.14 ゴマ
n-goma
ゴマのなんとかを作った。
ぷるんぷるんにできていい感じ。
なんともうらやましい。

ゴマの中のゴマリグナンは、アンチエイジングに効果があるらしい。

私も、5億万つぶ位食べれば、ぷるんぷるんになるだろうか。
2010.07.13 たまねぎ
n-tamanegi
OL仲間から、たまねぎを頂いた。
採れたて、新鮮である。

ちょっと小振りだから、一皮むくとチョーかわいい。

なんでも、ちょっと小さいとかわいい。
私も小さいが、もうしぼんでしまったので、かわいいにはなれない。
やっぱ、新鮮、若さだよなぁ。

このたまねぎを食べて、血液サラサラになれば、
また若さが戻ってくるだろうか。
1億万個位食べれば、なんとかなるだろうか。







だまされてしまった。
二つとも、ラップに包まれていたせいだろうか。

n-kiui-zyaga

毎朝、果物をヨーグルトに入れて食べる。体に良さそうだからね。
最近は、キュウイなのだ。
もったいないから、半分だけ頂く。

今朝も、半分食べた、、、、とかじったら、なんと、じゃがいもだった。
ぎょっとした。

ヨーグルトに入れる前で良かった。


そういえば、昨日の味噌汁の具は、じゃがいもと玉ねぎだった。
いもは、お弁当のために、半分は残しておいたのだ。

まあ、味噌汁にキュウイを入れないで良かった。

2010.07.11 ラストダンス
n-syakoudansu
インテリアブルー計画の一つ、
小物もブルー系で。

というわけで、ちょっとアンチークなレコードジャケットを飾っている。
外国の若い子供のダンスパーティーだろうか。

そういえば、私も日本で若い大人のころ、社交ダンスを習っていた。
この頃は、花だった。

ダンスパーティーにも、何回か出かけた。
会場の壁際に立っていると、男性が誘いに来る。
社交ダンスは、男性から誘うのである。
ラストダンスは、いったいどこの誰と踊るのかドキドキしたものである。

今だったら、ペナルティのワッキーがいいなぁ。
好きなのです。



2010.07.08 ゼリー
n-nomuzeri

明日、このゼリーを飲む。
2010.07.06 洗濯もの
梅雨だ。

うれしいのは、あじさい。
n-azisai



困るのは、お洗濯。
しっかり乾かないのは、気持ち悪い。
文明開化で、洗濯機で乾燥までしてくれるものまで出ているが、
あまり買いたいとは思わない。

小さい頃、たらいと洗濯板が家にあったことは覚えている。
ローラーを回して洗濯物がぺったんこになって出てきた事も覚えている。
これは面白かった。
洗剤がやけに大きくて、重かった。
物干し竿に直接洗濯ものを干した。
2.3本の竿を、電信柱のような木に泊らせる。
Yの字になった棒があって、ひっかけて、竿を上の段に乗せる。
小さい私はそれを失敗して、洗った洗濯物を土の上に落としたりして叱られた。


川に洗濯しに行った事はないが、桃太郎のおばあさんは少しうらやましい。
洗濯にはドラマがあった。
小さい頃は、主役だったのになぁ。


n-osantaku


トール作品
古屋 加江子先生
マイディアマザーグース 日本ヴォーグ社 参照
2010.07.04 イメージ
和をテーマに作品を作った。

n-wamodan

ポーセラーツというと、洋のイメージだが、
和もなかなか良い。

だって、日本人だもの、、、、。

と言って、
洗顔せっけんにお茶を入れた人がいたが、
どうもあれは納得がいかない。

あきらめないで!
とも言っているが、それも信じられない。
それでも、イメージで商品は売れている感じである。

実は、私もちょっと買ってみたい気がしているのである。
2010.07.03 浮輪
ポーセラーツのお教室の日だった。
私は、先生である。

今日のお楽しみのスイーツは、レモンづくし。
n-lemon-zukusi
レモンムースにレモンジュレ添え レモンシフォンにヨーグルトクリーム添え
途中、ジュレとゼリーの違いは何かの質問にあったが、
柔らかさの違いだと、適当な発言をしてしまった。

ビギナーさんのお二人だったが、
薔薇づくしでセットものが完成した。

H様
n-pinku-y

n-pinku-y-2

K様
n-blue-1

n-blue2

お二人とも、転写紙を貼るだけではなく、
無地転写紙の重ね張りのお勉強もしていただいた。
ここは、先生として適当にはできない所である。

何かと適当におぼれそうな人生を進んでいるが、
私にとって、ポーセラーツは浮輪だろうか。

しっかりつかまって、しかし、つかまり過ぎて穴をあけてしまわないように。
そこらへんの調節は、やはり適当が一番だろうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。